あでやか切り絵の使い方

あでやか切り絵の使い方

好みの切り絵を選びます

用意するモノ

表になる方

1)表になる方を下にして「作業用マット」の上に乗せます。

2)糊または木工ボンドを小さい皿(無ければ何でもいい)に出します。(スティク糊類は乾きにくい物もあるので試してから使用して下さい)

3)いろ紙やチラシなどを切ったりちぎったりして「カット済み切り絵」の裏に貼ります。

糊は少しだけ付ける
4)糊の付け方は爪楊枝で少し付ける位にして下さい。付けすぎると表の方に糊がまわり作業がやりにくく成ります。 (この時、爪楊枝の先が糊で団子状になったら作業がやりにくくなるのでおしぼり等で拭き取って下さい)

5)手や「作業用マット」に糊が付きますのでおしぼりで拭きながらやって下さい。

6)表の絵柄を確認しながら色合いを決めるといいですよ。

あでやか切り絵の使い方

女性やお年寄りの方で切り絵を始めたいと思っている方がたくさんいます。

でも、絵柄が思い浮かばない、
ハサミやカッターがうまく使えず切れないという方に。

また、

介護施設等でのリハビリ中の方にも
「あでやか切り絵制作セット」は、教材としても、ご家族でおしゃべりしながら作っていくのも楽しいです。

ちょっとの ひらめきと、工夫で “あでやか” に!

「あでやか切り絵制作セット」はとってもシンプル!
いろいろな方々に親しみ楽しんでいただけます。

「あでやか切り絵制作セット」の台紙は、あらかじめ型抜きされています。

切り絵台紙の表面は、絵柄が黒い縁取りがされています。
裏側に色紙などを貼っていきます。くっきりとした力強い作品に仕上がります。

逆に、表側に色紙を貼り、裏面を作品にすると黒の縁取りが無いため、やわらかなイメージの絵柄に仕上がります。
 

 

色紙も工夫次第!

カット済みの切り絵の裏に色紙を切ったりちぎったりした物を貼り、切り絵を仕上げていきます。

色紙のかわりに、和紙、洋紙、千代紙、雑誌やチラシ、包装紙、写真を使っても面白いですね。

楽しみながら作品をしあげていきましょう。

■まずは、どのような色合いにするか考えてみよう

暖色系で攻めるか、寒色系か、はたまたクールに決めるか!

■紙を選んでみよう

色紙、和紙、洋紙、千代紙、雑誌やチラシ、包装紙、写真などなど

■紙を切ったり、ちぎったりしてみよう

大きさ、形、バラバラに好きなように切ったりちぎったりしよう

■のりを付け、貼ってみよう

のりをお皿に出して、爪楊枝の先で少しだけ。ECOしよう

■裏に貼るだけじゃなく 表に貼ってもいいんだよ

まったく違う雰囲気で、これもまたいいモノだよ

■出来上がったら飾ってみよう

見せびらかしちゃお〜 そして皆にプレゼントしよう!

可能性は無限大!いろいろな人と比べっこしたら楽しいかも!!
また、利用者が自分の思いで色んな事をやってもいいと思います。